2011年07月18日

植物性乳酸菌は過酷な条件にも強く、日本人向き

最近の若い人は手足が長いのですが、昔の日本人の体型は、欧米人と比べて胴長短足でした。それは、日本人の腸が長いためです。歴史的に欧米人は肉食文化ですが、日本人は繊維質の多い穀類や野菜など植物性のものを食べていたので、腸の中でゆっくり消化させる必要があるからです。

腸の長い人がたくさんお肉を食べると、腸の中で腐敗が始まり有害なガスを発生し、便やおならの匂いも臭くなります。そしてこのガスが活性酸素を増やして、アレルギーや生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

確かに最近は、生きたまま腸に届く動物性の乳酸菌を使ったヨーグルトなども発売されていますが、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも酸やアルカリ、温度変化にも強く、過酷な環境条件でも生息でき、生きたまま腸の奥まで届くものが多く、腸が長めの日本人のカラダにはあっていると言えそうです。
posted by Maxi at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[特別無料メール講演 配信中] 「根本的な便秘すっきり法 これで中からキレイに生まれ変わる!」 腸内環境 基礎編 菌活するなら【天然美通】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。