2011年03月10日

便秘薬を教えて下さい。

Q.便秘に悩んでいます。

これまで薬局で売っているものや、
いいと言われたものなど色々と試してきましたが、
なかなか相性が合うものがありません。

効いても下痢になったり、
お腹が痛くなったりと極端な効き方をしたりと・・・

以前、病院でいただいた漢方?
(錠剤)を飲んだことがありますが、
それは比較的良かったんですが薬品名を
忘れてしまいました。

もし心当たりのある方あれば教えて下さい。

それ以外にもお勧めなものがあれば教えて下さい。


A.便秘薬(下剤)なしでお通じの

自力排便を回復したいのか、
それとも便秘薬(下剤)を飲んで
その日その日食べたものが薬の力でも
排泄できればよいのか、よく考えてみて下さい。

腹痛や薬の副作用に悩むことなく毎日を
快便で爽快に過ごすにはご自身の自力排便力を
回復することが必要になります。

身体のお通じ機能、便秘とは、を
知った上で自分の健康は自分で守りましょう。

**** ほとんどの便秘薬は便の固い塊は排泄しますが、
腸管壁面の腸粘液に絡まった汚れは落としませんので、
汚れは体温で腐敗して腐敗ガスを発生し腸内圧を
高めて腹痛やお腹の張りは起こりますし
残便感は残ります。

お通じは大脳ー胃腸間の排便反射機能
(条件反射:直腸に便が入って便意を催す)と
大腸の排便する筋肉力(力んで排便:腹筋ではありません)
で排泄します。

ダイエットで便の塊が少なすぎたり大脳が
精神的ストレスで緊張したりすると
胃腸管筋肉が緊張萎縮して働きが低下し
食べた食物カスが大腸を通過するのに時間がかかり
滞留して体温で腐敗して腐敗ガスや腐敗毒を
発生し腸内圧が高まって腹痛やお腹の張り、
イライラなどが起こります。

便秘は大脳の排便機能の低下ですから
病気ではありませんので便秘を治す薬はありません。

医師が下剤を処方するのは腐敗毒を体内に
貯めておくと健康を害するからで
治療ではありません。

お通じは運動選手が反射神経と
筋肉を繰り返し鍛えるのと道理は
同じで慢性便秘で悩む様でしたら
自力排便回復の為にお通じトレーニングが
必要となります。

このとき、漢方も含む便秘薬の常用は
大脳ー胃腸管排便反射機能や
大腸筋肉排便力を鈍化させますので
服用は禁忌となります。

下剤を使用しないで毎日スッキリ排便で
お通じトレーニングをするには
自力排便回復法として知られている
絶対排便力(検索)を使用する方法があります。

やり方は簡単で、浣腸の要領でぬるま湯を
噴射注水し固い便を軟らかくし腸管壁面を
湿らせて滑りやすくし、
同時に直腸が膨らんで便意が起きて
(大脳排便反射訓練)力んで排便
(腸筋肉排便力訓練)します。

この自力排便訓練を2〜3回繰り返し
腸内の汚れを落としてきれいにします。

この処置を当分の間は毎日、暫くして1〜3日毎、
最後は自力排便のみで排泄です。

使用するのは副作用も習慣性もない
安全なお水だけです。

排便習慣を付ける為に朝食後10〜20分位・
出勤登校前、夕食後就寝前などに実施します。

お腹がきれいになるので残便感もなく、
昼間活動中に便秘症状で悩まされることも
なくなるでしょう。

食事は軟らかい水分を含んだ便の塊ができる
高食物繊維低脂肪低カロリーの
栄養バランスの取れたご飯や麺類中心の
日本食1日2食腹八分目と適量の
プレーンヨーグルトを食べます。

過剰の水分摂取は便秘解消には無関係です。

一生便秘や便秘薬に悩まされることが
ないように今できることから始めましょう。

漢方は身体の状態(証)に合わせて薬を
選びますので、西洋医学のように対症療法で
選ぶのではありません。

下剤の入っている漢方とは、
漢方薬成分に強力下剤の「大黄」が
含まれていますの、お近くの漢方専門薬局で
ご相談されていはいかがでしょうか。

但し、漢方薬でも便秘の治療薬ではありません。


posted by Maxi at 13:16| Comment(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
[特別無料メール講演 配信中] 「根本的な便秘すっきり法 これで中からキレイに生まれ変わる!」 腸内環境 基礎編 菌活するなら【天然美通】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。